レーシックのリスクとレーシック難民

レーシック難民とは?

最近では「レーシック難民」という言葉が登場するほど、レーシック手術によるトラブルが増えていると言います。そもそもレーシック手術は高い技術力で行われているもので、副作用は少ないと言われているのです。しかし、レーシック難民という方が多数出てしまったのは、様々な問題が絡んでいるからでしょう。レーシックのリスクについてしっかりと把握し、副作用を減らすための知識をまずは身につける事です。
レーシック難民と呼ばれる方の症状は、極度のドライアイ、見えすぎて辛い、頭痛がする、目が疲れやすいなどです。重篤な副作用が出てしまったケースよりも、本人しか分からないような微妙な違いによる悪影響のほうが多いと言われています。中には見え方の違いで精神状態まで影響を及ぼす方もいると言いますから、ちょっとした違いでも眼が変わる事によって本人にとっては苦痛である事も多いと知っておきましょう。
最近多いトラブルとしては、過矯正による弊害です。視力は2.0などアップすればする程良いと考えてしまいますが、逆に見えすぎて頭痛がするなど身体的な症状に発展する可能性もあるのです。視力にこだわりすぎるクリニックは避けたほうが良いかもしれません。また、視力の良さだけにこだわるのではなく、見え方の質もこだわるべきです。